英語で道案内をしたい時はどうする?

急に尋ねられても困らない!英語での道案内方法

英語で道案内をしたい時はどうする?

街中を歩いている時、突然外国人から道を尋ねられて戸惑った経験がある方はいませんか? 相手が困っているのが分かるから何かしてあげたいけれど、英語が全然分からない! ともどかしくなってしまいますよね。
今回はそんなあなたのために、これで完璧! な道案内の英語表現や、急いでいる、自分にも分からないなどの理由で断りたい際に使えるフレーズなどをご紹介しましょう。

道を聞かれた時の英語&道順を説明

外国人から話しかけられたというだけでテンパってしまい、何と言われているか分からない、という方もいますよね。では、まず道を聞かれる場合はどのような英語で話しかけられるのか?について見てみましょう。

道を尋ねられた時のフレーズ

  • ※何らかの場所を聞いている時
  • Where is the closest station?
    (ここから一番近い駅はどこですか?)
  • ※行く方法を聞いている時
  • How can I get to ○○ Station?
    (○○駅まではどう行けばたどり着けるでしょうか?)
  • ※場所を教えて欲しいと言っている時
  • Could you tell me where ○○ Station is?
    (○○駅の場所を教えて頂いても宜しいですか?)
  • ※場所を知っているか聞かれている時
  • Do you know where ○○ Station is?
    (○○駅の場所をご存知ですか?)
  • ※探している、と伝えている時
  • I’m looking for ○○ Station.
    (○○駅を探しているのですが)

上記のような英語が聞こえたら、それは基本的に道を尋ねられているんだ、と思えば良いでしょう。最もポピュラーなフレーズは“Where”です。

あなたが道を知っていて、かつ時間にも余裕があるならぜひ“Sure!(いいよ!)”と返答しましょう。では、どういった表現で道順を教えれば良いのでしょうか?

道順を示す!基本の単語

  • go down:行く
  • go straight:まっすぐ行く
  • turn right:右折する
  • turn left:左折する
  • go past:通り過ぎる
  • go along:(通りに)沿って行く
  • go under:(橋などの)下をくぐって
  • go over:(歩道橋などの)上を超えて
  • cross:反対側へ

目的地の場所を示す単語

  • near:(○○の)近くに
  • next to:隣に
  • between:間に
  • opposite:向かいに
  • on:(通りの上に)ある
  • around:大体
  • across from:挟んで
  • at the end of:(道の)終わりに

その他、覚えておきたい単語

  • corner:角
  • crossing:横断歩道
  • fork in the road:Y字路
  • cross road:交差点
  • footbridge:歩道橋
  • stairs:階段
  • traffic light:信号
  • underpass:地下道
  • sign:看板

道さえ分かれば、英文が成り立っていなくても上記の単語を地図通りに並べるだけで通じることもあります。“Go straight, turn right, turn left, next to flower shop……”といった具合ですね。

しかし、道が少しでも複雑(例えば次ではなく2つ先の角で曲がる、途中で歩道橋を渡るなど)になると難しいですから、可能なら地図を書いてあげると良いかもしれません。

道案内の例文

  • That is next to the post office.
    (郵便局の隣にあります)
  • Go straight until you come to the second traffic lights.
    (2つ目の信号まで真っすぐに進んでください)
  • Go straight and pass the bookstore on your right.
    (真っすぐ進み、右手にある本屋を通り過ぎます)

また、道案内をする時には基本的に地図があった方が分かりやすいので、以下の英語を覚えておくと非常に便利です。

地図を持っているか聞く/スマホで調べる

  • Do you have a map?
    (地図を持っていますか?)
  • Let me search it.
    (ちょっと検索させてね)

スマホの地図機能は、出来る限り活用するのがおすすめ。ちょうど暇があった、というのであれば、

  • I’ll take you to the station.
    (その駅まで一緒に行きますよ)
  • Follow me, please.
    (ついて来てください)

と言い、それを頼りに同行してあげると更に喜ばれるでしょう。

目的地までの距離や時間まで具体的に伝えるには?

次に、外国人から「どのくらいかかりますか?」と聞かれた時の対応について。これも覚えておくと便利なので、簡単なものからぜひ記憶に留めておいてください。

  • It’s just there.
    (すぐそこですよ)
  • It takes about ten minutes on foot.
    (徒歩だとおおむね10分程度ですかね)
  • It takes about thirty minutes or more on foot.
    (歩くと30分以上かかると思います)
  • It’s too far from here.
    (ここからはかなり遠いです)
  • It’s pretty far from here, so you’d better take a bus.
    (かなり遠いから、バスを使った方がいい)

正直分からない……道案内を断る時の表現

とはいえ、自分も正直道が分からない、今はとても道案内できる時間がない、ということもありますよね。そんな時は、無暗に迷わずお断りする方が親切です。

道案内を断る時の英語フレーズ

  • I’m stranger here.
    (このあたりに詳しくないんです)
  • I’m not sure where that is.
    (それがどこか分からなくて)
  • I’m sorry. I’m in a hurry.
    (ごめんなさい。急いでいるので)
  • I’m sorry. I don’t know.
    (すみません、分からないです)

また、ここまでの英語をマスターし、大分自信がついたあなた。逆に向こうからは話しかけられていないけれど、見るからに困っている外国人がいる、という時には、出来れば声をかけたいものですよね。では、そういった場合はどのように気遣えば良いのでしょうか?

道案内を申し出る時の英語フレーズ

  • Excuse me. Can you speak English?
    (失礼、あなたは英語を話されますか?)
  • Do you need any help?
    (何か助けが必要でしょうか?)
  • I can speak a little English.
    (私は少し英語が話せます)
  • Can I help you?
    (良ければお手伝いをしたいのですが)

上記のようにはじめから英語で話すのも良いですが、相手の母国語が100%英語とは限りません。念のため「こんにちは!」と日本語で話しかけた方が失礼にあたらないこともあるようなので、注意しましょう。